シースリー

脱毛サロンにおける契約の解約について

MENU

脱毛サロンにおける契約の解約について

 

脱毛サロンで契約を解約する場合は、通常は未消化分の施術料金が返金されます。

 

今回は、「脱毛契約の解約」について、お話していきたいと思います。

 

 

まず、解約手続きの方法です。

 

多くのサロンでは、解約の「○か月前」や「○週間前」に、電話連絡や来店の際に伝えることになっています。

 

解約の旨を伝えたあとは、スタッフの指示に従って行動しましょう。

 

 

解約の際には、「解約手数料」がかかる場合があります。

 

多くのサロンでは、この解約手数料が、

 

  • 2万円

 

  • 未消化分の料金の10分の1

 

のどちらか安いほうが適用されます。

 

 

例:

 

10万円のコース:1回1万円のコースを5回施術して、途中解約をする場合の計算式

 

  • 解約手数料=5万円(未消化分料金)×0.1(10%)=5,000円

 

  • 返金されるお金=5万円(未消化分料金)-5,000円(解約手数料)

 

解約手数料を差し引き、返金されるお金が決定したあとは、期日までに指定口座に振り込まれて解約手続き完了となります。

 

 

以上が、一連の解約の流れとなります。

 

 

なお、これは「回数制」の場合の解約方法であって、「月額制」の場合は少し異なります。

 

というのも、月額制の場合は回数を決めて契約をしていないので、好きなタイミングで解約することができるのです。

 

ただし、脱毛サロンによって「何か月前までに連絡」というのが異なりますので、事前に脱毛サロンに確認しておきましょう。

 

 

ここまで、脱毛契約の解約についてご説明してきました。

 

違約金はかからないものの、「解約手数料」はとてもムダなお金です。

 

やはり、できるだけ契約完了まで通い切るのが理想です。

 

 

解約を検討する前に、「本当に解約するしか方法がないのか?」ということをよく検討しましょう。

 

脱毛サロンによっては、契約を一時休止できたり、店舗変更ができる場合もあります。

 

解約はあくまでも最終手段と考え、「解約せずに済む方法はないか?」ということを、脱毛サロンに相談してみると良いでしょう。