シースリー

さまざまな脱毛方法のメカニズム

MENU

さまざまな脱毛方法のメカニズム

 

一口に脱毛といっても、いろいろな種類があります。

 

そこで今回は、脱毛のなかでもメインとなる3種類の脱毛方法のメカニズムについて、お話していきたいと思います。

 

 

ニードル脱毛

 

毛穴のひとつひとつに電流を流し、毛根を破壊する方法です。

 

ほぼ永久的に毛が生えてこなくなるので、3種類の中で最も効果が高いと言えます。

 

ホクロや日焼け部分があっても施術できる、というメリットがあります。

 

 

反面、

 

  • 痛みが強い

 

  • 料金が高い

 

というデメリットがあります。

 

 

医療レーザー

 

脱毛ダイオードレーザーなどの医療用レーザーを用いて、単一波長のレーザーを照射します。

 

単一波長で集中的な光ですので、やや痛みが強めです。

 

また、「医療用レーザー」であるため、専門医のみ施術することができます。

 

光脱毛と比べると効果が高いものの、費用が高額になりがちです。

 

 

光(フラッシュ)脱毛

 

IPLなどのマシンを使用し、黒い部分である「メラニン」を刺激します。

 

医療レーザー脱毛と仕組みはほぼ一緒ですが、ダイオードレーザーに比べて波長の長い光を照射するため、痛みを感じにくいというメリットがあります。

 

ほとんどの脱毛サロンで行われているのが、この光脱毛となります。

 

 

 

以上が、主な3種類の脱毛方法のメカニズムとなります。

 

3種類の脱毛それぞれにメリットとデメリットがあるため、一概にどの脱毛方法がいいとは言えません。

 

 

ただ、「料金をできるだけ抑えて、痛みなく脱毛効果を得たい!」ということであれば、光脱毛に軍配が上がります。

 

というのも、ニードル脱毛や医療レーザー脱毛は光脱毛と比べると、どうしても料金が高額となりがちなのです。

 

手軽に脱毛したいのであれば、やはり光脱毛ですね。

 

 

3種類それぞれに特徴があるため、あなたの希望にはどの脱毛方法が合っているのかを、十分に検討するようにしましょう。